看護師不足を引き起こす新看護基準って?

新看護基準が設けられた事によって、病院によっては看護師不足を解消できているのですが、多くの病院はこの基準ができてしまったことで看護師不足がより深刻化してしまいました。
新看護基準では、看護師がどの程度配置されているのかによってかなり左右します。
基準を満たしている病院には高い診療報酬が支払われるようになっているのですが、看護師が不足している病院では看護師一人当たりに対する患者の人数が多くなってしまうため、高い診療報酬を支払ってもらう事ができなくなってしまっています。
つまり、看護助手や准看護師は適応されないということです。